値引きのお話し

最終更新: 2019年9月11日




こんにちは!新潟で和装に一番強い・出張フリーランスカメラマンつるまきあゆみです^^

今日は久しぶりに値引き交渉にあったのでこの話題


値引き交渉、私はやってません

最初から最終価格です


なぜなら

値引き交渉に関わる時間が無駄なので、最初からこれ以上値引できない価格設定にしていること

そもそも値引き交渉してくる人と価値観が合わないこと

価値観が合わないからそのうち関係が終わるのも目に見えてるから。








・値引き交渉は物を作る人のやる気を損なう

・値引きは基本的に応じなくてOK






そもそも

こちらがこの価格で!と提示したものに対して値引きされたらモチベーション下がりますよね。


例えばあなたが一流店のコックさんだったとします。

自分の料理を安く買い叩かれたらどんな気持ちですか?

使う食材は依頼料から出さなければならず

いつもの食材を使える余裕はなくなったとします。

いつもは使わないような食材を使い、料理に対するテンションも低い

料理を提供されるお客様にいいものを提供できるでしょうか?


私はその下がったテンションのまま作業に入っていいものが作れるとは思えません。 モチベーションは作品の仕上がりと比例します。

特に交渉の序盤で値引き交渉してくる人は、ある種の「人を安く使ってやろう」という心理が伝わってきて 「クリエイター側を尊敬していない価値観」が見え隠れします。



私も駆け出しで仕事が無い頃は言いなりカメラマンやってたこともありました。


・某アクライアントさんのお話を例に


「鶴巻さん!