新潟の観光サイト新潟観光ナビのたびきちで紹介されました!

こんにちは


新潟の出張専門カメラマンつるまきあゆみです

新潟市は桜が咲き始めましたね~!!



新潟の観光情報で一番大きいサイト新潟観光ナビのブログ

たびきちで「着物で変身!撮影モデル体験」という記事で紹介されました!

https://niigata-kankou.or.jp/blog/493

ありがとうございます♪嬉しいー!!

ライターのぱせりさんは漫画家&ライターさん

ぱせりさんのサイト→https://noel.9nzai.net/


普段紹介できないような撮影風景など

お客様目線紹介してくださってます!

お客様目線でレビュー漫画をもらえる事が初めてなので

つるまきも新鮮な気持ちで拝見しました!

いや~本当にありがとうございます!!嬉しいですね♪


さて特殊撮影イベントは2月28日と3月7日の二日間の開催で

撮影させて頂いたお客様全員からSNSの使用許可をいただいています

こちらのブログでも写真と解説を入れていくのでぜひお付き合いください


まずは2月28日の写真からご紹介



今回の特殊撮影

はじめて借りるスタジオさんだったので

赤・青・白・傘背景で4種セッティングしてみました

この写真は白背景で霞がかる白の世界を表現

あとで見返したら霞っぽく撮影しているのは2日間でこのカットのみでした💦




古物屋さんのご協力で

背景に大きなのぼりを貸して下さいました

鐘馗(けいしょう)様の武者絵のぼりというそうです

鐘馗様とは中国から伝わった魔除けの神様

置いておくだけで鬼が逃げて行きそうな迫力👹


提供:蔵屋敷

所在地: 〒951-8136 新潟県新潟市中央区関屋田町1丁目13 蔵屋敷ビル

電話025-230-7338


イベントではおさんぽ撮影もしてきました♪

赤い灯篭が素敵な神社さま

ちょっとそこまで~♪のつもりが

下古町で道を見失って全員で迷子になったのはいい思い出です

(そのあと無事目的地にたどりつきました^^)



笑顔って不思議な威力がありますよね

目線がある笑顔の写真はまるで自分に笑いかけられているような

不思議な心地よさがあります

しかし何度見てもいい笑顔😆


お二人目は黒系ダークがはまる方

アイシャドウと着物の色が同じ色でとっても綺麗

撮影や現像もできる方なので緊張しました

写真にも私の緊張が出ているかもしれません



足先まで入れた全身カット

ブーツは参加者様ご自身のもの

和洋折衷コーデ素敵です♪



背景の赤と

モデルさんの青

着物の黒で締まった一枚

コントラストが美しいです

このポージングもモデルさんが自由に動いて決めてくれました



晴れの日はロケで色々散歩できて◎路地裏スナップ

黒着物は魔女感出ます



レース越しの魔女さん

強い日差しの中でも陰のある雰囲気は

モデルさんの纏う空気


撮影であれもしたいこれはどうだろう?などと言いながら

一緒に同じ方向を見る時間が好きです

暗めの作品も私の大好物です



3人目のお客様のカラーは赤

リピーター様で情報が多かったのもあり

打ち合わせが始まる段階で

私から美容の中村さんには足が自由に出したり仕舞えたりできるスタイルを提案しました

お客様のパーソナリティーに沿った提案で

写真により価値を出したい



今回一番設置に時間がかかった赤の部屋

モデルさんのお召し物との相性が出る背景でした

こちらのモデルさんとの相性はgood

次回はもっともっと作り込みたい



傘の間

傘の赤と着物のカラーで一層華やかになりました

赤黒の組み合わせもよかったけど

赤紅も良い



路地裏

一枚前の写真とは真逆の憂いのある表情で



下古町はちょっと歩くと路地裏だらけ

このまま進んだらどこへ繋がるのか

このまま進んでいいのかどうか

少しワクワク

少しドキドキ



廃墟×気まぐれバイク

女性とごつい機械の組み合わせを撮りたいと思っていたら

スタジオさんがバイクを貸してくれたため希望が叶った奇跡のカット

しかしバイクで撮影できたのはこの日だけで

次のイベントでは春の旅に出かけていなくなってました

自由!



女性版

鬼無辻無惨? 黒着物のクールな雰囲気で


鬼滅の刃大人気ですよね 2期の遊郭編も決定ということで引き続き人気が続きそうです 赤背景の部屋はまさに遊郭編のイメージにぴったり♪

黒着物なら再現しやすい

鬼無辻無惨の女性版 黒着物をお持ちの方ならぜひ一度トライしてみては?




こちらは赤背景の別カット

漂う静謐な空気感

無機質な表情がはまってます





むかしむかし、衣紋を抜く着付けを始めた理由は

うなじを美しく見せるためではありませんでした

キモノの襟を詰めて着ると襟が首に当たって汚れるので、

それを防ぐため。

また、髪のふくらみを作る当時の髪型が、

襟に当たって崩れるのを防ぐためだったのです。 理由はなんであれ

衣紋を抜いた着物姿は日滑らかなうなじを見せ、女性の柔らかい魅力を強調します

着物の美学は衣紋を抜いた首の色気にあり


私の好きなカットのひとつ

後ろ姿の写真があります 路地裏に消えていく一人の女性

一枚の風景に溶け込むような空気感が漂います

顔が見えないからこそ色々想像する楽しさがあると思うのは私だけでしょうか?



ここまで2/28の紹介でした! ちょーっとながくなるので3/7の紹介は次回の記事へ続きます!



  • つるまきあゆみYouTube
  • つるまきあゆみのFacebook
  • Instagram

〜 新潟での撮影のご依頼・お問い合わせはこちらまで 〜

TEL  070-5545-5976

​撮影中は電話にでれない場合がございます。

お急ぎでない場合はLINEかフォームをご利用ください。

Copyright © AT PHPTO All rights reserved.